溝端健太オフィシャルウェブサイト

鼓めんと

2017年11月20日

はじめの第一歩!

「千秋楽 下ろす肩の荷 背負う期待」


独奏公演「鼓独」無事に二日間三公演を終えることが出来ました。
ご来場頂きました皆様方、誠にありがとう御座いました。
宣伝にご協力頂きました皆様にも、改めて御礼申し上げます。

たった一人での70分公演。
お楽しみ頂けるか不安しかありませんでしたが、
終演後の皆様の表情を見て、幾分ホッとした次第です。

昨夜帰宅後に2度、
今朝一番に2度、お昼過ぎに3度ほど公演の記録映像を見返しておりました。
「ここはああ出来た。」「ここはああいう風に見せた方が。」と思いつく限りを書き出しております。

今僕の肩には、
二日間の公演で溜まった心地よい疲労感と、
昨日まで背負ってきた重責を下ろせた安堵感と、
来年の独奏公演「鼓岳百景」への皆さまからの期待感と、それぞれ。

作曲、演奏、演出、構成、企画、制作、鼓道具、舞台美術、チラシおよび衣装デザイン・・・緞帳の上げ下げ(笑
全て僕の手で作り上げておりますゆえ、亀のようにノロノロした歩調ではありますが、
僕なりに密度の濃い舞台を一年掛けてまた一から創っていく所存です。

これまでの道のり。
これからの道のり。

想咲太鼓打ちはまた独り、静かに歩き始めました。





Posted by Kenta Mizobata at 15:42

PAGE TOP