溝端健太オフィシャルウェブサイト

鼓めんと

2017年11月23日

大人の楽書き

「妄想と 奇想に満ちた 自由帳」



昨日は淡路島の小学校にて公演を。
今日は神戸のとある小学校の創立100周年式典にお邪魔してきました。

昨日の公演では、
どの太鼓でどの音を奏でた時の歓声よりも、
「僕は29歳で、」と言った時の歓声というか、
もはや悲鳴に近い驚嘆の声が一番大きく。。。

体育館中に木霊した、
遠慮や気遣いとは無縁の子供達の素直な反応に、
改めて己の老け顔を実感した次第です。。

今日の式典では記念にと自由帳を頂戴しました。

一つの公演を創るには計5冊程度のノートを酷使します。演目、曲順、鼓道具のアイデアなど思いついた時に、思い付く限りを。

来年に向けての一冊目。
大人の本気の楽(落)書き帳で御座います。



Posted by Kenta Mizobata at 17:40

PAGE TOP