溝端健太オフィシャルウェブサイト

鼓めんと

2017年11月26日

溝(どぶ)物語

「向かい合い 身の程を知る 溝ネズミ 」



昨日は遊合祭という公演に出演しました。

五年前から続くこの公演は「街を元気に!」のスローガンのもと、
神戸長田に芸の力で賑わいや、活気を呼び覚まそうという趣旨で御座います。

昨夜の公演では、和太鼓奏者「祝丸(のりまる)」氏と共演をさせて頂きました。

和太鼓という楽器こそ同じなれど、祝丸氏の表現は唯一無二。独自の着想、着眼に基づき生み出される演出。

僕はその世界観が凄く好きで、いつも刺激を頂いております。今回は共演させてもらい、たくさん学ばせて頂きました。

写真は祝丸氏の鋭い眼光に、
完全に飲み込まれている画で御座います。

蛇に睨まれたカエル。
猫に睨まれたネズミ
祝丸に睨まれた溝ガエル、、、溝ネズミ?

追うべき背中の有るありがたさ。
精進しまふ。



Posted by Kenta Mizobata at 10:52

PAGE TOP