溝端健太オフィシャルウェブサイト

鼓めんと

2019年11月21日

あと16日

「一人でも出来ること」と、
「一人でしか出来ないこと」があり、

それより多くの「一人だと出来ないこと」が溢れています。

その狭間で僕は自打落に暮らす。
来る日も来る日も。
ふと周りを見渡せば一人。

そんな中、
ふと頭をよぎった言葉。

「僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。」

この詩には続きがあるのをご存知ですか?

是非一度読んでみて下さい。
僕にはこの世を彷徨う人間の「闇」と「光」とが綴られているように思えます。

独奏公演第四打は、そんな高村光太郎氏の「道程」という詩の世界観を、懸命に打ち綴りたいと思います。

題して「鼓んぱす〜打ち示せ 羅針盤〜」

12/7土 ①19:00〜
12/8日 ②13:30〜
12/8日 ③19:00〜
@神戸三宮シアターエートー
チケット前売り2500円(学生割引1000円)

●ご予約は「鼓んたくと」にて承ります。

あと16日



ひとりの人間の二本の腕から生まれる渾身の叫び。
うまくはないです。まとまってもいないです。
それでも辞められず。辞めることも出来ず。
恥を忍んで今年もまた。

※写真は独奏公演第一打「鼓独」より



Posted by Kenta Mizobata at 23:27

PAGE TOP